全銀フォーマットとは?言葉の意味から作成方法まで徹底解説

全銀フォーマットとは?言葉の意味から作成方法まで徹底解説

口座振替サービスについて調べていると「全銀フォーマット」という言葉がよく出てきますが、聞きなれない方も多いと思います。そこで今回は言葉の意味から作成方法まで、徹底解説します。

 


1.全銀フォーマットとは?


「全銀フォーマット」とは「全銀協規定フォーマット」の略称です。全国銀行協会連合会が定めたデータ様式(ファイルフォーマット)で、「銀行に送るためのデーターはこの形式で作る」という、全国で統一されたルールです。

口座振替サービスを利用するためには、このフォーマットに則して請求データ(次の振替日に引き落としたい金額情報)を作成する必要があります。

 


2.全銀フォーマットに則したデータを作成するには?


お使いのシステム(ソフトウェア)が全銀フォーマットに対応している場合は、データをそのまま使用できます。全銀フォーマットに対応しているかは、お使いのシステム(ソフトウェア)の販売元にお問い合わせください。

 


3.全銀フォーマットに対応したシステム(ソフトウェア)を持っていない場合は?


エスシーでは簡単に請求データが作成できるシステムをご契約者様に無償提供しています!パソコンとインターネット環境(Internet Explorer Version9以上)さえあればご利用可能ですので、新たなソフトの導入は不要です。「わざわざ新しいソフトを購入できない…」という、個人事業主様などから好評いただいております。

さらにご利用者様の疑問や不安を解消する手厚いサポートで、初めての方でも安心してご使用いただけます。

詳しくは「簡単操作・サポートも万全!SCインターネットサービス」記事をご覧ください。

 


関連記事